BLOGお役立ち情報
猫背

2020.03.02

ダメ姿勢(スマホ姿勢、パソコン姿勢)の特徴

こんにちは。豊明市で治療歴15年以上、はり師・きゅう師の資格を持つ、藤田はりきゅう治療院 院長の藤田です。

猫背の姿勢は悪い姿勢ではなく
逆に言えばできないといけない姿勢です。

 

何がダメなのかというと
猫背で固まり他の姿勢が取りにくいことです。

 

私は特にパソコンやスマホをいじっている時に取りやすく、固まりやすくなる姿勢を敢えてダメ姿勢と呼んでいます。

 

ダメ姿勢は没頭しているうちに知らぬ間にとっている姿勢なので気が付きにくいです。

 

 

 

ダメ姿勢(スマホ姿勢、パソコン姿勢)の特徴

そこで自分自身がダメ姿勢となっていないか
次のチェックで確認してみてください。

 

パソコンでのダメ姿勢の特徴と理由
IMG_3960 (1).JPG

背を丸くしてパソコンを覗き込む
パソコンの位置や机などの位置があなたに合っていない時に起こる姿勢です。

ただでさえパソコンを利用する時は、キーボードが前にあるので強制的に猫背になってしまいます。

あごが前にくる
画面を見ようと顔を近づけていると出やすい姿勢です。

横から見ると首をすくめてあごを突き出すような形になってしまいます。

利き手がマウスの形に固まる
手を脱力させていてもマウスがすっぽりはまる型ができてしまいます。

長時間マウスで作業をしていると起こります。

利き手ではない方の肩が上がる
マウスを使わない腕が体を支える役目になってしまい肩が上がってしまいます。

この状態は慢性的に腰痛で悩んでいる方に出やすいです。

スマホでのダメ姿勢の特徴と理由


□スマホを覗き込むような猫背
上からスマホを見下ろすような姿勢で頭が体より前に出てしまっている姿勢です。

手を下ろした位置で使用していると起こります。

腕の力を抜きにくい(力を抜いた状態でもお腹の前に手が来る)

リラックスして立っている時に腕がお腹にかかって来る姿勢です。正常な場合はリラックス時には体の横に腕はきます。

目線に腕を上げて曲げてスマホを使っていて、スマホを落とさないように緊張しながら持っているので起こります。

 

□手がスマホの形に固まる
普段は気が付きにくいですが手の力を抜くとあなたのスマホがすっぽりはまる形が出てきます。

 

スマホを落とさないために強く持っていると起こります。

IMG_0413 (1).JPG

 

 

このまま放置するとこんな症状が出ます・・・

 

緊張性頭痛:肩や首のコリがひどくなると、もれなくついてきます。

五十肩:特に利き手では無い方の肩がなりやすいですから要注意!


ストレートネック
:首は若干湾曲しているのですが、まっすぐになって首の疲れを感じやすくなります。この症状は特に長時間スマホを使う方に起こりやすいです。


頸椎ヘルニア
手にしびれや力が入らないなどの症状が出てしまいます。特に長時間パソコンを使う方に起こりやすいです。

 

以上の症状は慢性化してしまいひどくなりすぎてしまったものです。

ダメ姿勢を見直し無事脱出できれば上げた症状からは避けられますから安心してください。

 

体の癖を見つけてダメ姿勢の改善を一緒にお手伝いできますのでお気軽に相談くださいね。

 

 

header_tel
☝スマホの方は

ここの電話番号を押してください。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。
すぐに予約もできます。


ban01

無料メルマガ配信中!!
メルマガ登録で
肩こり改善のツボ4選』も手に入ります。
https://tubosomurie.com/katakori-tubo/

あなたに合った治療一緒に探します。

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]

 

このブログを書いた人:藤田元弘(はり師・きゅう師)

予約する
instagram
twitter