ブログ

セルフケアをする時に気を付けて欲しいポイント

体の事を思い
セルフケアをされてる方へ

覚えておいてほしいことについて
書いてあります。

 

こんにちは。
体の状態をわかりやすく解説しながら
改善していく実況鍼灸師の藤田です。

 

先日、
肩が凝ったので
肩だけを自分で
マッサージしてみたが

全然よくならなかった
と言われました。

肩こりを改善をしたいと思い

インターネットで検索してみると
たくさんの改善方法は見つかります。

大体書いてある言葉は
「簡単にできる」「すぐ改善できる」
などですが

そのまま書いてある通りに
やってみても

なかなか改善されることは
少ないのが現実ですよね。

今回は
「なぜ改善しにくいか?」
について書きたいと思います。

まずはチェック
☑改善方法を試してみても変化がない
☑辛い所だけをやっている
チェックに1つでも当てはまった方は参考になります。

 

なぜ改善されなかったのか?

それは
気になるところしかしない」ことが
大きな原因になってます。

痛みや違和感が出ている所は
実はただ症状が出ている
被害者なだけであって
悪者ではないことの方が多いからです。

例えば
『肩こりは「肩の筋肉の緊張
で痛くなったりしますが
実は「胸の筋肉が引っ張り」で
猫背になっているので
肩こりが発症している事が多のです。
なので肩だけではなく
肩の前の方もしっかり

ほぐさないと改善しません。』

といった感じで辛い症状は
全身をほぐしていった方が
断然効率よく改善していきます。

なかなか一人では
全身はやりにくいという場合は
肩なら腕、腰なら脚という感じで
周りを軽く刺激するだけでも
変わります。

ぜひ参考にしてください。


自分に合ったセルフケア方法が

知りたい方は
ご来院時にお聞きください。

あなたに合ったセルフケア方法を
一緒に見つけます。

 

トータルボディケアアドバイザー
藤田元弘

header_tel
☝スマホの方は

ここの電話番号を押してください。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。
すぐに予約もできます。
ban01

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療一緒に探します。

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

トップページへ

肩こりを感じた事が無いのに肩がこっていると言われる方へ

肩こりを感じていないのに
周りから肩がこっていると
言われるのはなぜか?
について書いてあります。

 

こんにちは。
体の状態をわかりやすく解説しながら
改善していく実況鍼灸師の藤田です。

 

 

先日、知人から
自分は肩こりはないと思ってるのに
美容院に行ってマッサージを受けると
肩こりがすごいと言われる
と言われました。

この知人の肩を実際触ってみたところ
非常にこっていて
指が入らないくらいの
肩こりでした。

このように肩こりを
自覚していない人は
意外にも多いんですよ。


今回は

肩がこっているのに
肩こりを自覚していないのか?
について書きたいと思います。

まずはチェック
☑肩こりの自覚が無い
☑目の疲れ、頭痛は感じる
☑長年悩んでいる体の不調がある

チェックに1つ以上当てはまる方は
参考になります。


なぜ自覚できないのか?


原因と考えられるのは

①肩だけではなく背中全体が
バランスよくこっている


②昔から徐々にコリが溜まってきた


③他につらい所がある

以上の3つがあります。

知人の場合は
背中全体もガチガチだったので
①でした。

肩こりの自覚のない方の場合は
こっていても、そうでなくても
筋肉バランスがとても良いです。


体は違和感を感じる時は

辛い部位の順位を付けて
1位の部位が
辛く感じやすくなります。

ここで言う部位とは
「右側」「肩」「上半身」など
大雑把な分け方です。

だからこそ、
体全体のバランスがとれていると
どんなにガチガチになっていても
飛びぬけた1位が無く
辛さや違和感はでません。
(全身がダルイとかは出ます)

私の治療方法も
調子の良い所に合わせるように
バランスをとって楽にさせます。


今まで言われたことのある方は

一度鍼やマッサージを
受けにきてください。


しっかりと体の状態を
実況しながら
体のバランスを改善します。

 

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療探します。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。

ご予約の方はお電話ください。
header_tel
☝スマホの方は

この電話番号を押すとつながります。
ban01

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

 

トップページへ

痛みとの上手な付き合い方

痛みの上手な付き合い方に
ついて書いてあります。

こんにちは。
体の状態をわかりやすく解説しながら
改善していく実況鍼灸師の藤田です。

 

先日、
痛みを無くしたらどうなるの?
と聞かれました。

体のいたるところが痛いと
色々な予定が台無しに
なっちゃいますよね。

そもそも痛みとは
なぜ起こるのでしょうか?

今回は痛みと上手に付き合うために
簡単な心得について
書いていきたいと思います。

痛みがもしも無くなってしまうと
大変なことになります。

一部を除いたほとんどの痛みは
体の異常を知らしている信号であり
決して悪い物ではありません。

むしろ、痛みがある時は
まだ軽い状態であり
その痛みに何もしていないのに
感じなくなってしまった時は
悪化しているかもしれません。

痛み止め薬で
痛みを抑えても、


根本的には体が
改善したわけでは無いので

無理に体を使ってしまうと

薬で痛みをごまかしているだけなので
体はまた同じ状態になり
痛みで辛い思いをします。

場合によっては
症状が悪化してしまうかもしれません


そうならないためにも

痛みが出たらすぐに
専門家に相談して

痛みの改善と
再発するのを防ぎましょう。

肩こりや首こりなら
早く鍼施術をすることで
簡単に改善できますよ。

ぜひ参考にしてください。

 

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療探します。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。

ご予約の方はお電話ください。
header_tel
☝スマホの方は

ここの電話番号を押すとつながります。
ban01

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

トップページへ

ゾクゾクする風邪の知っておきたい効くツボと養生法

ゾクゾクする風邪の症状を
軽減するツボや養生法に
ついて書いてます。

 

先日、
寒くなって風邪をひいてしまった
軽くなるツボや養生法はないか?
と聞かれました。

季節の変わり目は
体調を崩しやす
不意に風邪をひいてしまいがちです。

今回は寒い時に出やすい
ゾクゾクする風邪について
効くツボや養生法などを
書きたいと思います。

まずはチェック
☑背中がゾクゾクする
☑水っぽい鼻水が出る
☑白くて薄い痰がでる
☑熱が高いのに寒く感じる

この症状が出ている方は
外からの寒気が
体に侵入してしまうと
チェックに当てはまる症状が出ます。

・ゾクゾク風邪の特効のツボ

風門風邪や寒気の出入り口

大椎から2個下の背骨から
左右指3本外側にあります。

blog_img04

寒気が入ってしまった場合は、
このツボが冷えていることが多いです。

ゾクゾクが出ている時は
蒸しタオルやドライヤーで
温めてあげてください。

温かくて気持ちがいいうちは
温め続けて心地よい感じが無くなったら
止めても大丈夫です。

大体その時には
体も落ち着き始めます。

こまめに少しでも同じ症状が
出始めたら繰り返し
対処してください。

列缺(れっけつ)⇒肺の機能を整える

親指側の手首のでっぱりから
親指幅肘側にあります。

blog_img05

このツボはせきが出始めたり
鼻水が出る時は
ここのツボの皮膚を軽く引っ張って
刺激をすると軽減されるので

せきを落ち着かせる時に
刺激をしてください。

ゾクゾクしたらしっかり温まろう

63e49a67bb02c76ece5e417310304671_s
ゾクゾクする風邪の場合は、
温かいお風呂に入ってあげて
しっかり温まってください。

体の芯から温まるには

汗をかき体を温めるとよいので
葛根湯やしょうが、
ねぎ、シソ
などで

体の中からも温めてあげると
より早く楽になりますよ。

 

ぜひ参考にしてください。

トータルボディケアアドバイザー
藤田元弘

 

header_tel
☝スマホの方は

ここの電話番号を押してください。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。
すぐに予約もできます。
ban01

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療一緒に探します。

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

トップページへ

意外に知らない温めてはいけない場所

今回は温めない方がいい体の場所に
ついて書いています。

こんにちは。
体の状態をわかりやすく解説しながら
改善していく実況鍼灸師の藤田です。

 

 

先日、
体は全身温めた方がいいの?
と聞かれました。

以前のブログ
冷え性対策は「温める」ではなく
「冷やさない」でするのが予防

とは書きましたが

温泉
岩盤浴お灸など

温めて体の調子を
改善するものはたくさんあります。
269949

しかし、体はただやみくもに
温めるだけでは

体の調子は良くなりません。

逆に体調を崩してしまう事も・・・


今回は

温める事をしない方が良い
体の場所について
書きたいと思います。

温めるべきではない場所とは?

①頭

昔から「頭寒足熱
という考えがあり
これは、頭は冷たく足は温かいと
体調が良いという考えです。

もともと頭は陽気(温かさ)が
たくさんある場所と
考えられているので
改めて温める必要がないのです。


もしも温めてしまうと

陽気が溜まりすぎてしまい、
頭が痛くなったり
集中力が無くなったり
することが多くなるので
注意したいです。


集中させるときに使う

頭を冷やせ」という言葉は
ここからきています。

 

②胸(呼吸器)

意外に知られていないのですが
温めない方がいい場所です。

胸は特に調子が悪くなり
せきがひどく出ている時は
冷やしてあげた方が良いです。

温めてしまうと
胸がつまったようになり
呼吸がしにくくなってしまいます。


昔からせきがひどくなった時は

はっかの様なスーッとするものを
胸に塗ったりします。

 

以上の2か所に関しては
積極的に温めることを
しなくてもよい場所なだけなので
わざわざ冷やす必要もありません
間違えないでくださいね。

ぜひ参考にしてください。

 

 

豊明市、大府市、刈谷市、
名古屋市緑区の鍼灸院なら
[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療探します。

どんな些細な事でも結構です、
まずはお気軽にご相談ください。

ご予約の方はお電話ください。
header_tel
☝スマホの方は

ここの電話番号を押すとつながります。
ban01

▼治療の詳細はこちら
肩こり、眼精疲労が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/
腰痛、膝の痛みが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/hip/
胃の不調、便秘が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/viscera/
テニス肘、野球肩が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/failure/
美容鍼、耳つぼ、ダイエットが気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/diet/
生理痛、不妊治療、更年期障害が気になる方
https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、
自律神経失調症、猫背矯正などで
お悩みの方はぜひお越しください。

その他のブログ
https://www.fujitaharikyu.com/blog/

トップページへ
PAGE TOP

藤田はりきゅう治療院

診療時間

Copyright © 藤田はりきゅう治療院 All Rights Reserved