BLOGお役立ち情報
自律神経失調症

2016.07.25

冬に冷え性で悩んでいる方が夏にやること

今回は冷え性の改善を諦めたくない方に
夏にやっておくと良い冬の冷え性対策
について書きたいと思います。

 

こんにちは、体の状況をわかりやすく伝えながら改善する実況鍼灸師の藤田です。

先日「私は夏場はいいけど冬になると冷え性がひどくなるのが悩み」と言われました。

冬は外が寒いから手足が冷えるのは自然の中では当たり前な事です。
これでは諦めろと言っているのと変わりません、

冬に冷え性で悩んでいる方が夏にやること

まずはチェック
☑冬になると手先や足先が冷えやすくなる
☑夏に冷房の効いた部屋にいることが多い
☑日中に外出することが少ない
☑冷たい物を少しでも飲食するとお腹が痛くなる
チェックに1つでも当てはまった方は参考になります。

ここでチェックの解説

冬になると手先や足先が冷えやすくなる

陽気が弱くなっています。

そのため体の隅々に温かさが行き渡らなくなっています。
特に女性に多い症状です、女性は陰気の性質を持つからです。
それなので女性は積極的に陽気を取り込むことをしなければなりません。

夏に冷房の効いた部屋にいることが多い
☑日中に外出することが少ない
涼しくなった部屋に居続けると陽気を取り込むことができません。

陰気とのバランスが崩れてしまいます。
適度に陽気を補給する感じで外気に触れると調子も整います。

冷たい物を少しでも飲食するとお腹が痛くなる
体を温める陽気が少ない反応です。
お腹が痛くなったら温かい物も摂ってください。またお腹の上から手で温める事もかなり有効的なので合わせてやってください。

 夏は陽気が満ち溢れる季節です。
人の体は陽気(体を温める気)と陰気(体を冷やす気)が存在し
バランスがよくなっていると健康な状態と言われています。

その気を手に入れる簡単な方法が外に出て陽気を取り込むことです。
最近は真夏の日中は体調を崩してしまうくらい暑いので
朝や夕方くらいでも十分に取り込むことができます。

日中では日影でもいいので外気に10分くらいあたりに行ってください。
熱中症対策のために短い時間でも水を持っていく事をおすすめします。

辛い冷え性から身を守るためにもぜひ参考にしてください。

豊明市、大府市、刈谷市、名古屋市緑区の鍼灸院なら[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療探します。
▼治療の詳細はこちら
自律神経失調症⇒https://www.fujitaharikyu.com/shoulder/#eyestrain
冷え性⇒https://www.fujitaharikyu.com/female/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、自律神経失調症などで
お悩みの方はお気軽にお電話ください。
0562-97-8008
(ホームページを見た!
と言っていただければ初診1,000円引きとなります。)
その他のブログ⇒https://www.fujitaharikyu.com/blog/

予約する
instagram
twitter