BLOGお役立ち情報
スポーツに役立つ

2016.08.22

運動習慣が無い人の運動の始め方(過去に運動経験あり編)

過去に運動経験があり最近は運動をする習慣がない方が
運動不足を解消する時の目安をお伝えします。

こんにちは。
体の状況をわかりやすく伝えながら改善する
実況鍼灸師の藤田です。

先日「最近、運動不足だから運動したら体を傷めた
と悩まれている方がみえました。

この方は過去に運動をしっかりしたことのある方でした。

私も経験があるのですが
健康のために行ったことが逆にケガに繋がってしまう
皮肉なことです。

なぜ起こるか?
答えは単純です。

「運動の負荷が強すぎ」なだけです。

今回はこのような事にならないために
どうしたらいいのかを書きたいと思います。

運動習慣が無い人の運動の始め方(過去に運動経験あり編)

まずはチェック
☑運動不足な状態が続いている
☑過去に運動経験がある
☑運動をすると必ず痛めて終わる
☑きつい運動じゃないと効果が薄いと思っている
チェックに1つでも当てはまった方は参考になります。

 

運動不足の方は筋肉が細く硬くなっています。
部活や習い事、趣味などで過去に運動をしていても
運動をしなくなって3カ月もすれば
筋肉は運動不足の筋肉になります。

 

継続的に運動をしていると運動の強度は段々と強くなっていきます。

久しぶりに運動を行ってケガをする方の話を聞いてみると

頭だけは運動を継続しているかのように
運動の強度が強いままになっている事が多いです。

 

では、強度はどうしたらよいのか?
目安は自分がやってきた運動の
『1/4~1/10程度の運動強度を1週間』やってみてください。

運動の例:
10㎞走っていた⇒1㎞走る(歩く)、
腕立て伏せ50回していた⇒腕立て伏せ10回(膝着いて腕立て伏せ)
5㎏のダンベルで筋トレ⇒500mlのペットボトルで筋トレ

などまずは体を動かす習慣をつけていき
徐々に負荷を上げていくと
筋肉が戻ってきます。

ここでのポイントは
「こんな少なくていいのかな?」と思えるとOKです。

そして、「もう少しやろうかな」を止めることです。

以上の事を行っていくとコツコツと体を鍛えることができます。

特にしっかりと体を鍛えた経験のある方は
久しぶりに鍛えようとすると急激に負荷をかけてしまいがちです。

ケガをしてしまったらマイナスになりますので
かなりぬるく感じますがぜひ参考にしてください。

豊明市、大府市、刈谷市、名古屋市緑区の鍼灸院なら[藤田はりきゅう治療院]
あなたに合った治療探します。
▼治療の詳細はこちら
スポーツ障害⇒https://www.fujitaharikyu.com/failure/

テニス肘、肩こり、腰痛、頭痛、自律神経失調症などで
お悩みの方はお気軽にお電話ください。
0562-97-8008
(ホームページを見た!
と言っていただければ「からだこりドック」が1,000円引きとなります。)
その他のブログ⇒https://www.fujitaharikyu.com/blog/

予約する
instagram
twitter